自宅で買取りしてもらおう|自宅に眠る古書、虫に食べられる前に買取りに出してみましょう!

自宅に眠る古書、虫に食べられる前に買取りに出してみましょう!

自宅で買取りしてもらおう

PCと古書

古書というのは製本・発売から非常に長い時間が経っています。
その為、自分では意識していなくても少しぶつけた拍子に本の装丁がはがれてしまったり、紙が破れてしまう可能性があります。
もし1冊2冊買取りに出す位なら周りをしっかりとカバーしておけば問題ありませんが、大量の古書を買取りに出すのならどれだけ注意してもダメージを防ぎきることはできません。
なので、もしも大量の古書を買取りにだすのなら、出張買取りを利用してみましょう。

古書の買取り店に出張買取りを依頼した場合、店舗まで郵送するように言われる場合と実際に店舗のスタッフが自宅までやってくる場合の2つのパターンがあります。
郵送して買取り査定を頼んだ場合は段ボールなどで厳重に本を保護して郵送することによって、実際に店舗までもっていく際のダメージを与えることなく査定を行うことができます。
そして実際に店舗スタッフが自宅までやって来て査定を行ってくれる場合、自宅内の買取ってもらいたい本をその場でチェックしてくれるため、万が一のダメージを考えることなく、安全に本の査定を行ってもらい、その場で幾らになるのかを調べてくれます。

本にダメージが少しでも入れば価値が一気に下がってしまう本というのも存在しています。
もしもそのような本が手元にあると思うのなら、出張買取りを依頼する、もしくは実際に店舗に持っていくときに「どのようにして持っていけばいいか」「どうすればダメージを少なく持っていくことができるか」というようなことを聞いた上で持ち込むようにしましょう!